ドアガラスが割れた時の応急処置~ガラス屋が来る前に~

どんな状況でガラスは割れる?経験者の声から学ぼう

割れたガラスの補修はガラス屋さんに任せて安心

ガラス

家のガラスが割れる原因は様々です。割れてしまった場合、ガラス屋さんに速やかに連絡し、ガラス修理をしてもらう必要があります。そのまま放置していると、割れたガラスによって怪我をしてしまうリスクがあるため、迅速に対処しましょう。

ガラスを割ってしまったときは早めにガラス屋さんに連絡

ガラスのヒビ割れが起きた場合や、一部欠けてしまった場合、自分でなんとか応急処置をしようと考える人も多いでしょう。しかし、個人で使用できるガラス補修のためのテープやパテなどはあくまで応急処置であるため、放置していればいずれ砕けてしまう恐れがあります。ガラスが割れてしまうと、風雨が入り込んでしまうほか、ゴキブリやネズミなどの害虫・害獣の侵入を許してしまう恐れがあります。また、割れたガラスの破片は非常に鋭利であるため、自分や一緒に住んでいる家族の誰かが大ケガを負う可能性があります。さまざまな被害を防ぐためにも、ガラスが割れた際は必ずガラス屋さんに修理を依頼しましょう。ガラス屋を利用する前に見積り提示を依頼し、費用について相談しておくことも大事です。

ガラス屋さんを呼ぶ前にしておきたい応急処置の手順

ケガに気を付ける

窓やドアのガラスが割れてしまった場合、細かい破片が周辺に飛び散っている可能性があります。応急処置をする前に、ケガを防ぐためのスリッパと手袋を着用しましょう。また、ペットや小さい子供がいる家庭であれば、ガラス片が飛び散った場所に近づかないように配慮を行ないましょう。ペットの場合は室内用の柵を使用し、子供の場合は近づかないように強く言い聞かしておくことが重要です。

割れた破片を集める

ガラスの破片を集める場合、大型の破片から取り除きましょう。大型の破片は誤って踏みつけることでさらに細かく割れる恐れがあるため、簡単に拾える内に回収する必要があります。小さい破片は、掃除機の使用かホウキとチリトリで回収します。細かく割れたガラスの破片は思っている以上に遠くへ飛び散るため、部屋の広範囲を掃除機やホウキで掃除をしましょう。

後片付けをする

掃除機やチリトリで回収したガラス片は、ダンボールなどに入れて集めておきましょう。ダンボールの持ち運びでガラスが飛び散ることを防ぐため、ダンボールの中にさらに新聞紙を敷き、ガラスを包み込むことで二重にブロックすることができます。ダンボールには「割れ物注意」または「ガラス」と書くことで、家族の誰かが誤って開けてしまうことを防げます。処分する場合にもこの記載は必要となるため、前もって書いておきましょう。割れた窓ガラス部分は、ダンボールなどで割れてしまった箇所を塞ぐことで、風雨や害虫などが室内に入ってしまうことを防げます。

ガラスが割れた!住宅で起こったさまざまなトラブル事例

ガラスが割れてしまうトラブルで、最も多いのがドアのガラスが割れてしまうことです。主にどのような状況で割れてしまったのか、実際に割ってしまった人の声を参考に見ていきましょう。

ドアガラスの破損トラブルに巻き込まれた人々の声

空き巣にドアガラスを割られました(30代/男性)

1ヶ月前のことですが、空き巣に入られたことでドアガラスを割られてしまいました。自分が住むアパートの部屋はドアに小さなすりガラスが付けられているのですが、空き巣はそのガラスを割り、内鍵を開けて侵入する「サムターン解錠」というやり方で押し入ったようです。今の空き巣は個人では行なわず、グループで反抗を行なう窃盗団を組織していると聞いたので、放置していると「チョロい家だ」としてまた窃盗団の誰かが入らないとも限りません。大家さんに頼み、ガラス屋さんに防犯に効果的な割れにくい強化ガラスをドアに付けてもらいました。

子供がほうきで・・(30代/女性)

我が家には5歳になる息子がいるのですが、この子がとてもやんちゃで、よくホウキを持ちヒーローごっこをして遊んでいるんです。最初は微笑ましく見ていたのですが、ホウキで棚を叩いて本や雑貨を床に落としてしまったり、窓のガラスを割ってしまったりと、最近では笑って見ていられないような状況となっています。家の物を傷つけないように強く叱りつけ、すぐにガラス屋さんに新しいガラスへ交換してもらいました。後に柔らかいおもちゃの剣を与えたので、今ではガラスを割られる心配もありません。

TOPボタン