ガラス屋が教えるドアガラス破損の原因【ガラスが割れるリスク】

どんな状況でガラスは割れる?経験者の声から学ぼう

ドアのガラスはとても割れやすい

室内

自宅のガラスの中でも、特にドアガラスは割れてしまうリスクが高いものです。ここで、ドアガラスがなぜ割れやすいかといった原因を見ていきましょう。

ドアガラスが割れる原因とは

衝撃によるもの
家のさまざまな建材と同じように、ガラスも経年劣化によって耐久性が著しく下がってしまいます。ガラス表面に白い雲のような汚れが浮かび上がっていた場合や、ガラスに色がついて変色していたりした場合、こうした劣化が現れているという印です。経年劣化が現れると、目に見えない小さな傷やヒビ割れがガラスに入るようになります。こうした傷やヒビは、軽い衝撃を加えられることでも割れてしまうことがあります。何度も開閉によって衝撃を与えているドアガラスであれば、突然割れてしまうリスクも高くなってしまうのです。ドアは窓より開閉する機会が多いため、傷やヒビ割れといった劣化もしやすいので、要注意です。
温度差によるもの
ドアガラスに多く使用されているのが、網入りガラスです。単にデザイン面で採用されているだけでなく、火災が起きた場合に備えて取り付けられます。火災による熱でガラスが割れた時、内部のワイヤーによって砕けることはないため、建物への延焼を防いでくれるのです。そのため消防法によって、指定されたエリアの物件はドアなどに網入りガラスを設置することが義務付けられていますが、この網入りガラスは温度差によって割れやすいという弱点があります。日中の熱によって内部のワイヤーが伸び、夜になると冷やされたワイヤーが一気に縮むこととなります。ガラス内部でワイヤーの温度差による激しい伸縮が起こるため、自然に割れてしまうことがあるのです。
飛来物によるもの
ドアが建物内部に取り付けられているのでなければ、外からの飛来物によって割れてしまうことは十分に考えられます。強風や車・電車などによって飛ばされた小石が当たってしまうこともあれば、濡れて重量がある洗濯物が直撃したことで割れてしまうこともあります。台風や雹などの自然現象で割れることもあるため、割れないように常に注意を払っていても、ある日突然割れてしまうことは十分に考えられます。

自然災害によって割れる場合もある

上記の割れる原因以外にも、自然災害で割れてしまうことも多くの家庭で見られるアクシデントです。強い台風が直撃した場合、強烈な風圧で割れてしまうことのほか、風で舞い上がった石や小枝がガラスに叩きつけられ、割れてしまうことがあるのです。また、自宅や周辺に雷が落ちた場合もガラスが割れることがあります。雷は時速72万キロで地表に落下するため、その際に発生する衝撃波も凄まじく、衝撃波によってガラスが簡単に割れてしまうのです。また、雪が降ることでもガラスが割れてしまうことがあります。吹雪によって雪がガラスに叩きつけられて割れることや、積雪による圧力で割れてしまうのです。雪かきをする際に大量の雪がドア付近に落下し、雪の重みと衝撃で割れることもあるため注意しましょう。割れてしまった場合は、ガラス屋さんに依頼し交換をしてもらうとよいです。

TOPボタン