ドアガラスは修理と交換どちらで依頼するのか~ガラス屋の施工費用~

どんな状況でガラスは割れる?経験者の声から学ぼう

修理か交換どちらがいいの?

屋内

自宅のドアガラスが割れてしまった場合、修理と交換のどちらをガラス屋さんに依頼するべきなのでしょうか。修理と交換の特徴やメリットについて見ていきましょう。

ガラス屋さん教えてください!修理と交換それぞれのメリット

ガラス修理はどんなことをするんですか?
ガラス修理は、主にガラスの研磨やゴムパッキンの交換を行ないます。表面が曇ったガラスを研磨することで透過性を高めたり、劣化の起きているゴムパッキンを取り替えてガラスの破損や雨漏りなどのリスクを抑えたりする施工を行ないます。小さい傷やヒビ割れなどが現れた場合も、ガラス修理によって対応します
ガラス交換はどんなときに必要ですか?
ガラス交換は、ガラスが完全に割れてしまった場合や、別のガラスに取り換えたい場合に必要となります。ガラスの一部が欠けてしまったり、大きく砕け散ったりした場合、通常の修理によって対応することはできません。見た目と耐久性を元通りにするには、ガラスそのものを交換せざるを得ないのです。また、ガラスが割れていなくても、防犯ガラスや割れにくいガラスに交換したい場合などもガラス交換によって対応します。

ドアガラスの交換・修理に掛かる費用

ドアガラスの交換または修理にはどれだけの費用が必要となるのでしょうか。気になる費用相場について、下記にまとめています。

ドアガラスの交換・修理にはいくら必要?

ドアガラスの交換および修理費用はおよそ3万円から15万円の費用が相場となります。費用に大きな差があるのは、交換するガラスの代金も含まれているからです。防犯ガラスや複層ガラスなど、特殊なガラスに交換する場合、ガラスそのものの費用が高くなるため、修理や交換の額も高騰するのです。逆にヒビ割れへの補修やパッキンの交換であれば、ガラスの代金を必要としないため、格安で依頼することができるのです。 また、ガラス交換・修理の費用は交換するガラスの枚数や大きさ、厚さによっても費用が変わります。枚数や大きさが増せばその分のガラス代金も高くなり、厚さのある複層ガラスなどに交換する場合もアタッチメントフレームの取り付けにより施工費が高くなるため、費用負担も増してしまうのです。これらの費用以外にも、時間帯やガラス屋からの距離によって高い出張費が加算される場合もあるので、施工前に必ず見積もりを依頼し、どれくらいの費用が掛かるかを事前に調べておきましょう。

TOPボタン